クリスマスの絵本

ここ数年クリスマスプレゼントとして姪(小学1年生)に絵本を贈っています。
女の子の絵本を買うなんてことが今まで無かったので、選ぶだけでもう楽しくって・・・
今年贈った本を紹介します。

よるくま クリスマスのまえのよる(酒井駒子作)
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=802
クリスマスの絵本を1冊選んでいるのですが、今年はこれにしました。
絵がとってもかわいいのとちょっと胸がキュンとなるので・・・
2年生になったら贈りたい本、3年生になったら贈りたい本・・・とたくさんあるのでそれらを考えると今年はコレかな?と(笑)。

のはらクラブのこどもたち(たかどのほうこ/作)
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=2734 
春の野原で見つけた草花の絵本なのでちょっと季節が違うのですが、たかどのほうこさんの可愛い絵と科学絵本でもあると言うところが、低学年の女の子
向きかな?と思いました。
なかなか科学絵本って選ばないような気がしたのであえて選んでみました。

へんしんトンネル(あきやまただし作)
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=4733
子どもたちのだ~いすきなあきやまただしさんのインパクトある絵と言葉遊びがとっても楽しい絵本。
すっごいナンセンスなんだけど、言葉遊びって本当はすご~く大事なんだと思っているので。
もしかして保育園や学校で読んだことあるかもしれないけれど、自分の絵本として持っているとまた違うと思うんです。
それに親は買いたがらなそうな絵本かな?って気もしたし(笑)。

どの絵本も私の勝手な思いで選んでしまったんだけど、喜んでもらえたら良いなぁ~
来年もできたら贈りたいな

| コメント (0)

絶対読みたい絵本

殆ど更新していませんでしたが、「ホンの覚え書き」を書かせてもらっているサイト「HON-PRO」が悪質な荒らしのために閉鎖になってしまいました。

とっても残念でたまりません。

殆ど個人で運営なさっていたので、できることにも限りがあったのでしょう。

多くの方がミクシィに移動されたようです。

私はどうしようかとただ今思案中です。

で、ずっと「ホンの覚え書き」に書こうと思っていた本の話です。

正確には「本」ではなく雑誌になるので、残念ながらアマゾンでは表示できません。

「月刊かがくのとも」2006年4月号の「このよでいちばんはやいのは」

です。

原作のロバート・フロートマンは知りませんでしたが、翻案が天野祐吉さんで、絵が私が大好きなあべ弘士さんなので、手にとりました。

科学絵本らしく、「はやい」と言うこと「はなにかにくらべていえること」だと最初に教えてくれます。

何かとは、ウサギとイヌとウマとダチョウとネコとカモシカと人間。

一番速いのはカモシカ。

カモシカよりもっと速いのはチータ。

チータより速いのはバショウカジキ。

バショウカジキより速いのはと、どんどん速い生き物が出てきます。

それらより速いのは、新幹線。

どんどん進み、音より速いのが地球の自転速度(もっと簡単な表現ですが)。

自転速度<人工衛星<地球の公転速度<光

と続きます。

光より速いものは何も無いはず・・・

でも、この本ではもっと速いものがあると書いてあります。

それは、「人間の想像力」です。

人間の想像力は光より早く宇宙の果てや未来へも思いを馳せることができます。

ここまで読んでジーンとしてしまいました。

そしてまたあとがきがとても素晴らしいのです。

(前略)・・・にんげんだけが もっている このうみ(想像力のこと)を 

きみだけがもっている このうみを

なによりも たいせつにしよう。

このうみで のびのびと およぎまわろう。

単なる科学絵本ではなくもっともっと深いものを感じました。

この雑誌は5,6歳向けとなっていますが、是非小学校高学年から中学生に読み聞かせをしてあげたいと思いました。

バックナンバーを取り扱っている本屋さんや図書館で見つけたら、是非読んで欲しいです。

| コメント (0)

気になる本他

予約の本に梅佳代さんの写真集「うめめ」「男子」を追加しました。

本当は、 「うめ版―新明解国語辞典×梅佳代」も予約してあるのですが、スペースの都合でカットしてあります。

最近は小説以外の本も読んでいるので、文芸以外のジャンルのオススメのリストも作りました。

実用書や面白本、国語に関するもの、ビジネス本、などです。

大体が肩が凝らないような本ばかりですが。

それと、予約してはいませんが、メディアで目にしたりして、ちょっと気になっている本のリストも作りました。

実際に読むかどうかはわかりませんが、アンテナを張ってチェックしたいと思っています。

「富士山日記」はちょっと前から何となく気になっている本でした。

作者の武田百合子さんは作家の武田泰淳氏の奥さんです。

何だかちょっと小さなブームになっているみたいですね?

TV「早く起きた朝は」で磯野貴理さんが勧めていました。

彼女はこの本を読んで富士山に登ってみたいと思ったそうです。

上中下と3冊もあるのでなかなか読む時間は取れなそうですが。

| コメント (0)

読んだ本と予約中の本

ずっと更新していませんでしたが、久しぶりに更新しようかと思います。

予約中の本として左サイドに表示している本の中から読んだ本の感想を。

☆「螺鈿の迷宮」「ジェネラル・ルージュの凱旋」海堂尊著

出版の古い方からと思い「螺鈿の迷宮」から読み始めました。が、途中で挫折。

「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」に続く作品だと思って読み出したが、今までのストーリーとは直接関係が無く、場所だけが同じだけだと知り、ちょっとがっかり。

そして読んで行っても登場人物が誰なのかサッパリ覚えられなくてなかなか読み進めることができないまま返却期日が来てしまい返却。

一足先に2冊とも読了した主人に聞いてみると「ジェネラル・・・」から先に読んでも問題ないとのことなので、そっちを先に読んでみるとこれが面白い!

先の2冊と同じく東城大学付属病院を舞台に愚痴外来の田口先生を取り巻くミステリーの3作目。

やっぱり田口先生は魅力的です。そして今回それ以上に魅力的なのがジェネラル・ルージュの異名をとる速水先生です。

「ナイチンゲールの沈黙」の舞台と同じ時期に同じ病院を舞台にもう一つこんな事件が起こっていたとは!!

「ナイチンゲール・・・」はつまらなかったけれど、頑張って最後まで読んで良かったと思いました(笑)。

「螺鈿の迷宮」はリベンジする予定。

☆「シュミじゃないんだ」三浦しをん著

これは第一章を読んだだけで挫折。BL(ボーイズラブ♪)にまったく興味が無い人間としては、読むのが辛かったです。

早く彼女の小説が読みたい。と言うことで「きみはポラリス」を予約中。

☆「一瞬の風になれ 第一部―イチニツイテ」 佐藤多佳子著

まあまあ面白かったですね~。サッカーの才能に恵まれた兄に比べサッカーがそれほど上手とは言えない主人公新二が、走ることにかけては天才的な幼馴染の連とともに、高校の陸上部に入り、リレーを始める・・・。

一言で言えばそんなスポーツ青春小説です。イマドキの若者の話し言葉でかかれているのでとても読みやすかったです。

私は「風が強く吹いている」に比べるとちょっと物足りなかったですが、こっちが「本屋大賞」の受賞作なんですよね。

一番笑えたのが、新二が中学を卒業した春休みに、自分の髪の毛を自分でアシンメトリーに切って黄色く染めた話。

我が家の高校一年生男子も高校入学直後、染めはしなかったですが、同じようにアシンメトリーに突然してしまったのです。

ただ新二はその髪型を通しているのに比べ、うちのサッカー小僧は監督に怒られあっけなく坊主頭にしてしまいましたが・・・(笑)。

その長男にも読むように薦めたのですが、残念ながら本など読まない彼は見向きもしませんでした。その代わりと言っては何ですが、次男が読んでハマって続編2冊とともに買いました。なので、予約はしていませんが、第2部、第3部も読むつもりでいます。

☆「鴨川ホルモー」万城目学著

とっても不思議なお話でした。京大に入った主人公が謎のサークルに勧誘され、一目ぼれした彼女(の鼻)のために入会してしまう。

実はそのサークル(京大青竜会)は、1000年続く「ホルモー」と呼ばれる競技を行うサークルだったのです。

子鬼のような妖(あやかし)を戦わせるホルモーがなんともユニークです。でも妖は下に書いた「しゃばけ」シリーズに出てくる妖たちの方が好きだわ~。

そしてこの主人公が、またなんとも情けない男なのです。すぐ引きこもっちゃうし他人とコミニュケーション取るのが下手だし。

なんか最近こう言ったちょっと情けない、感情移入しにくい主人公のお話が多いような気がするんですが?

「そのままのキミでいいんだよ」と言われたい人が多いのかな?なんてちょっと勘繰ってしまいます。

発想が突拍子もなく面白かったので「鹿男あをによし」も楽しみです。

が、京都や奈良の地理に詳しいともっと楽しめるのだろうなあと思うと、ちと悔しいです。

☆「しゃばけ」「ぬしさまへ」「ねこのばば」畠中恵著

このシリーズにハマっております。

日本橋の廻船問屋「長崎屋」のお坊ちゃん一太郎は、筋金入りの病弱な少年。

とにかく体が弱いので、両親は溺愛してもう甘やかし放題。

それなのにこの一太郎は賢くて真面目で優しくて正義感が強い、本当に良い子なのです。

そして実はこの一太郎は子鬼を始めとする妖(あやかし)と仲良しなのです。長崎屋の二人の手代、佐助と仁吉も本当は妖。

何故一太郎の周りにそんなに妖がたくさんいるのかと言うと・・・

それは「しゃばけ」を読んでのお楽しみ(笑)。

人間とは感覚が違う妖たちの一太郎への愛から出る行動が面白く、一太郎に虚弱っぷりと幼馴染の菓子屋の長吉の菓子の不味さが毎回笑えます。

「しゃばけ」は長編ですが、あとに2冊は短編集です。

普段は長編が好きな私ですが、このシリーズは短編の方がずっと面白いです。

いろんな妖が出てきたり、過去のエピソードなどもあったりして、万華鏡のようにいろんな作品が楽しめます。

(ただ、月刊誌に連載していた作品のためか、毎回一太郎と彼の境遇についての描写があるのがちょっとジャマな気もします。)

中には人間の弱さや哀しさが描かれた作品もあり、読んでいて切なくなるものもあります。

また柴田ゆうさんのイラストもとっても可愛いです。

表紙の絵の子鬼たちが短編のどのお話なのかを探すのも楽しいです。

絵本のような装丁の「みぃつけた」は、一太郎がまだ幼い頃、子鬼たちと話をする前のお話で、これもまたお勧めです。

「おまけのこ」を読んでいる最中で「うそうそ」「ちんぷんかん」を予約中です。

この秋にはNEWSの手越裕也さん主演でドラマ化されるそうです。

私の中では、二枚目の仁吉は「次郎長背負い富士」で仁吉をやったからと言うだけの理由で安田顕さんなのですが、ドラマでは谷原章介さんだそうです。

ちょっと残念。

他には宮部みゆきさん・東野圭吾さんの新作、ミステリー小説などを予約しています。

「夜明けの街で」はおそらく今年中には読めないでしょうね。

本当はもっと前に予約できたのですが、最近の東野作品はあまり好きではないので読むのをやめようかと迷っていたら遅くなってしまいました。

| コメント (0)

ヘッドスパ

ネットで新しいシャンプーを探していたら、ケラスターゼと言うサロン用ブランドの評判が良いのを発見しました。

その中にはスカルプ(頭皮)ケア用のシリーズもありました。

でも、スカルプケアと一口に言っても、抜け毛予防、フケ・かゆみ防止、トラブルのある頭皮用と3種類もあります。

私、どれも当てはまるんですけど?

250mlで2500円もする高いシャンプーなので「とりあえず全部買ってしまう」なんてことはできません。

普通のお店では売っておらず、ネットで買うしかなさそうだし。

あ、もう一つ買う方法がありました。

ここの製品を使っている美容院で買うのです。本来はサロン用のラインなんですからね?

市内でケラスターゼを使ってヘッドスパをしてくれる美容院を探したところ、3軒しかありませんでした。

カットもカラーリングもせず、ヘッドスパのみをして欲しいので、あまり安いところはやめて、ちゃんとクレンジングをしてくれそうな1軒に電話予約をして、ヘッドスパをしてもらってきました。

気持ち良い~~

ヘッドスパ大好き!

頭皮の毛穴の皮脂や汚れをクレンジングして、頭皮トラブルを解消するトリートメントと、毛先をしっとりさせるトリートメントをしてもらいました。

昨日の今日とは言え、痒みはピタリと納まりました。髪の毛もサラサラしっとりです。

サロンのお兄さんが勧めてくれたシャンプーは、バンオートトレランス

トラブルのある頭皮用です。250mlのを一つ買いました。

でもカットやカラーリングはやっぱり今まで通りのサロンに行くつもりです。

3年以上も通っているし、安心しておまかせできる美容師さんなので。

それにヘッドスパしてくれた美容師さん(20代半ばの男性)、自分の話ばっかりするんだもん。

高校時代毎日バイトしてて一晩で2万くらい飲んでいた・・・なんて話、聞きたくないんですけど。

勉強頑張っていたとか部活命だったとかなら、男子高校生の母として参考になるんだけどさぁ~

シャンプーを買ったら一緒にくれたカタログに、使ったクレンジング剤も載っていたので検索したら、業務用でもネットで買えるようです。

さっきシャンプーをしてみたら、トリートメントが必要ないくらいしっとりサラサラになるし、今度からはネットで買うことにします。

これで今年の夏は爽やか~に過ごしたいなあ。

| コメント (0)

シャンプージプシー

もう20年以上頭皮の脂漏性湿疹に悩まされています。

皮膚科に行くとステロイドを処方されるので、もう通っていません。

食生活、ストレス、睡眠不足などが原因のようですが、なかなかそう簡単に改善できないことばかりです。

刺激物(コーヒーなど)、甘い物(チョコレートなど)、ナッツ類、もち米など私が好きなものはみ~んなダメだって言うんだし。

フケは殆どでないのですが、痒みが強くて困ります。

美容院でヘアカラーなどの溶液もものすごく染みて痛いし。

毛穴のまわりのアブラや老廃物を落とせば良いのだろうと、時々美容院でヘッドスパをお願いしています。

一時的に痒みがおさまるし、頭が軽くなった気がします。

なにより気持ちが良いです。

でもそうしょっちゅう行けるものじゃないし、それにその時は良くてもすぐにまた痒くなっちゃうんですよね~

やっぱり普段使っているシャンプーが1番重要なんでしょうね?

脂漏性湿疹に効くのは「コラージュフルフル」のシャンプーと言われていますが、私はそんなに変わらないです。残念ながら。

石けんシャンプーは髪がきしむし、匂いがイヤ。

メリットやラックスは、よ~くすすいだつもりでも首筋に湿疹が出来てしまうので、パス。

最近は、アブラを落とすにはやっぱりアブラだろうと思い、ドラッグストアの片隅で見つけた資生堂の「テラピンド」と言うゴマ油配合のオイルクレンジングシャンプーを使っています。

インドエステのアーユルベーダのシャンプーと言うことで、見た目は何だかすご~~く怪しげ!!(笑)

香りもかなり独特なエキゾチックな香り。

何となくゴマ油の香りがするような気もする・・・(笑)。

ですが使い心地は良くて泡立ちも豊かでとてもしっとりします。

かなりお気に入り。

・・・なんですが、やっぱり痒みは納まりません。

これから汗をかく季節、ますます痒くなりそうです。

(私は皮脂だけでなく自分の汗の塩分にもかぶれてしまうので。)

何か良いシャンプーは無いかなあ?

* 2ヶ月くらい前には、資生堂にちゃんとテラピンドの公式ページがあったのに

今見たら無くなっていました!

ガーン!廃盤っすか?

マジで次のシャンプー探さないと!!

| コメント (0)

晴れ~~!!

今日は久しぶりに一日中ずっと晴れて良いお天気でした。
先週末は長男の高校の文化祭でした。
金曜日が文化会館で発表会、土曜日が学校で展示会。
初めてなので両方とも行ってみました。
近いしね。
発表会の日は本当は仕事入っていたのに、無理言ってお休みさせてもらったんです。
でもよく考えるとうちの子何も関係無いのです・・・
出演する部活は、合唱部、吹奏楽部、ギター部、演劇部、箏曲部、新体操部など。
後は選択授業で音楽を選んだ子たちも出ます。
・・・・うちの子、書道選択でした。
でもせっかくお休みいただいたのだから、午前中は文化会館のお隣の体育館でリズムダンスの講座を受けて、午後から音楽選択の子のお母さんと一緒に見てきました。
でも途中抜けて、ティールームでケーキ食べちゃったけど(笑)。
土曜日は朝から大雨。
サッカー部は正体試合があるんだけど、長男が「雨降ったら中止だぁ~」と言うので、行きませんでした。
午後になって雨も上がり晴れてきたので、何人かにメールしたら
「午前中に行って来たよ~。サッカー部雨の中ドロだらけになって頑張ってたよ!」
との返事!!
私が着いた時には試合は物の見事に終了していました。
展示は、長男が書道の時間に作ったハンコ(篆刻)見て、後はサラ~っと流して見ておしまい。
あまり盛り上がらない文化祭でした。
それでも今日の新聞のローカル面には載っていましたが・・・
(完全共学になって初めての文化祭だから)
それにしてもガラの悪い高校生があまりにたくさんいてビックリ!
完璧にパンツ見えている程ズボンズリ下げて履いている男子がいっぱい!
ナンジャ、そのカッコォ~!
でもようく見たら皆別の学校の学生でした。
ちょっと安心。
まだマシな方かも?
でもさ~、そんなに盛り上がってもいない学校の文化祭わざわざ見に来るなんてヒマなんだねえ?
部活とか入ってないんだろうか?
うちの子にそんなヒマ無くて良かったよ~
ヒマと言えば、今日は振り替え休日でお休みだったので、おそらく友達と出かけるのだろうと思っていたら、マッサージ行って、DVDレンタルして来た以外はず~~っと家でゴロゴロしていました。
今まではちょっとでも休みがあると、出歩いてばっかだったけど、ちょっとは落ち着いてきたのかな?
それとも単にお金が無かっただけなんだろうか?(笑)

| コメント (0)

大雨洪水雷警報発令

大変な数時間を過ごしました。
と言うのは、仕事が終わるちょっと前に急に強い雨が降り出してきたのです。
私はママチャリで来て、傘も持っていません。
止むかと思ってしばらく待ってみたけれど、止みそうにありません。
そこで職場と地下道で繋がっているショッピングセンターの中のスーパーで夕飯を買って、職場のあるビルの地下のエレベーターホールで、荷物をビニール袋に小分けにするなどの作業をして、隣のコンビニに安いカッパを買いに行くことにしました。
ところが、エスカレータで1階に上がると何ともう雨は止んでいるではないですか?
なんだァ~ラッキーじゃん!
と、ママチャリで機嫌良く家に帰りました。
木曜は次男の塾があります。
朝お米を研ぐのを忘れてしまったので、間に合わないとマズイと思って出来合いのお弁当類を買ってきちゃいました。
(ダンナは遅くなるって言ってたし・・・)
でも塾の時間が近づくにつれてまた雨が降り出してきました。
ええ?
どうしよ~。私この1年間1度も運転していないんです。
もう運転はしたくないんです!
次男もそれをわかっているので
「これくらいの雨だったら自転車で行けば大丈夫だよ」と言ってくれました。
ところが雨脚はどんどん強くなって雷も鳴り出しました。
とっても自転車で出かけるなんて無理です。
しょうがないのでしぶしぶ運転を決意したのですが、免許証を入れたお財布がありません。
どんなに探しても無いのです!!
どうしよ~
最後に使ったのは、お弁当を買った時。
それからビニール袋にいろいろ入れて、カッパ買うのにお財布が底に沈んでしまったらマズイと思って・・・
思ってどうしたんだ?私は????
思い出せない~~
その時、女性の笑い声がしたから職場の同僚かと思って振り向いたんだっけ?
きっとベンチの上に置いたのを、振り向いた途端忘れてしまったのかも?
お給料日までのお金殆どすべてと、カード類、免許証、すべて入っています。
慌てて「インターネットタウンページ」でビルの管理事務所に電話するが誰も出ない!
次男には謝って、塾をお休みする旨電話しました。
そして私は嵐のような豪雨の中自転車でまた職場のあるビルまで戻ったのでした。
近所の小学校のスピーカーから「大雨洪水雷警報が発令されました」の声を聞きながら、カッパ来て申し訳程度に傘を差して、必死にママチャリをこぎました。
ビルについて通用口の警備員さんに聞くと「届いていない」と言われ、絶望的な気持ちで落としたであろう場所へ言ってみました。
そこにはモップで床を拭いている若いネクタイ姿の男性がいたので、聞いてみると、何とあるとのこと!!
神様ありがとう!!!
「何色のお財布ですか?」と聞かれて、本当は明るい茶色なのに、何故か私は「赤です!」とキッパリ答えてしまいました。
20年以上前に使っていた赤いモリハナエのお財布を頭に描いていたのです。
そのお財布も山の手線の中で掏られて、警察に届けたことあったから、それで急に思い出したのかも?
見つかって本当に良かったです。

この話はダンナは知りません・・・・

| コメント (0)

山梨ドライブ

20回目の結婚記念日と言うことで、ダンナと二人、ちょっとトライブに行って来ました。

私はイタリアンが食べたかったのですが、いつもいつもイタリアンだとブーイングが出たので今回はフレンチと言うか洋食。

ネットで調べた山中湖畔のアンティークなインテリアが素敵なレストラン。

味はイマイチでした・・・

私がオーダーしたのは、季節のリゾット。

シラスとサクラエビ・・・・。確かに季節です。

でも私、静岡から来たんだよね~(苦笑)

量も少なくて、ガッカリ。

珍しくサバランがあったのでデザートに注文したら、本日は売り切れだそうで・・・

ついてないな~~

と言うことで、甘いものは帰り道までお預け。

忍野八海まで足を伸ばしました。

ここは小学校の時、2回宿泊学習(「移動訓練」って呼んでいたけど)で来た事がある懐かしい場所です。

風景はよく覚えてないんだけどね~

でも初恋の思い出の場所なのです。

1  Photo_1

ここは名水百選にも選ばれている天然記念物の冨士山の湧き水です。

水車で粉を挽いて蕎麦を作っていました。

澄んだ水が水深5~7mの深さまで見えて吸い込まれそうでした。

それから河口湖にちょっと寄って、朝霧高原を通って帰りました。

どうしても朝霧高原でソフトクリームが食べたかったので。

ですが、青木が原の樹海の辺りで急に霧と雨に見舞われてしまいました。

それまでとっても良いお天気で暑かったのに~

震えながらそれでも食べたソフトクリームはおいしかったです。

| コメント (0)

6月のパン

Photo_3Photo_2今月はポテトブレッド(写真左)とイングリッシュマフィン(同右)。

お楽しみは抹茶のクッキーでした。

新じゃがをつぶして生地に混ぜたポテトブレッドはほんのり甘いパンでした。

イングリッシュマフィンはトーストして食べることを考えて、焼き目を薄めに焼き上げます。

フォークでザクザク半分にして軽くトーストしてバターとはちみつをつけるといくらでも食べられそうでした。

| コメント (0)

«お勧めの本